口臭解消の無料メルマガその1

私、高橋の無料メルマガ講座を一部こちらのブログでも紹介していこうと思います。

まずは、記念すべき第1回目を紹介します。

尚、文体はメルマガ文、そのままですのでブログで読まれると
違和感があるかもしれませんがご了承下さい。

こんにちは。

高橋徹です。

私のメールマガジン講座をお読み頂きまして
本当にありがとうございます。

尚、気に入らない場合には
メルマガは即解除できますので
一番下までスクロールして
ちょいと1クリックして下さい。

1発解除です。

でもせっかくなので、今回だけでも
どんな感じか試しに読んでもらえたら
うれしいです。(笑)


このメールマガジン講座では、口臭が良くなるよう
様々なテクニックを紹介していきます。

あなたが少しでも元気になれれば幸いです。

今回は記念すべき第1回目の講座です。
以下、目次です。


1、私、高橋の簡単な自己紹介

2、口臭の全体像
3、口内からのアプローチ
4、体内からのアプローチ
5、精神面からのアプローチ
6、終わりに


目次を見ただけでも、何だか長そうですね。(苦笑)

(尚、携帯で購読されている場合にはあまりに
長すぎて最後までメール受信が出来ていないかもしれません。

その際はこちらにご一報下されば小刻みに区切ったものを
お送りしますのでよろしくお願いします。)

一生懸命、あなたのためになるような
お話を書いたつもりです。

それではいきましょう。
1、私、高橋の簡単な自己紹介


自己紹介はいらないかなとも思ったのですが、
やはりまずは私を少し知って欲しいと思った次第です。

凄く簡単に書きましたのでさーっと読んでやって下さい。

お前なんて知りたくない。って
場合は2番から読んでください。(笑)

さて、私、高橋は口臭を解消する請負人として、
活動しています。

なぜ、そんなことをしているの?
って質問を受けることが結構あります。


それでは、いきなりで申し訳ありませんが、
告白します。


私、高橋は10年以上も酷い口臭に悩まされていて、
友人や家族からも常に指摘されていました。

影では口臭大王と呼ばれていました。
面と向かって言う奴もいました。

お恥ずかしい限りですが自分で確認しても、
しかめっ面になってしまうくらいの臭いを発していました。(苦笑)

もう、人と話しをするのが嫌になり、本当にノイローゼ状態。


周りがひそひそ話しをしていると、自分の臭いを嘲笑している
と本気で思ってしまっていました。

何とかしてくれ、心の中でそう叫んでいました。


しかし、歯科医に行っても、耳鼻喉頭科に行っても、
消臭ケア用品を買い漁っても
口臭がなくなることはありませんでした。

さらに本やインターネットを駆使しても、有益な情報は
なかなかありません。

それでも、どうしても口臭をなくしたかった私、高橋は、
あきらめられず何とか自分で口臭を解消してやるぞ
と思ったわけです。


そして、西洋医学や東洋医学、気孔や
その他様々な方法を勉強し、
さらに幸運にもたくさんの偶然が重なって、
ついに口臭を完全コントロールすることが可能に
なりました。

ここで、コントロールという言葉をあえて使っています。

これは1つポイントになる部分です。
後に説明させて頂きます。


そんな私の経験が、口臭に悩んでいるあなたの
お役に少しでも立てればなと思った訳です。

このメルマガでは、
「どんな口臭も必ず良くなる」をモットーにしています。

大丈夫です、口臭大王の私でさえ口臭が無くなったのですから。
思春期時代は「学校一臭い」と陰で言われていたこの私が、ですよ。
これは本当に言われていました、さすがに凄く落ち込みました。

そんな私の体験等をまじえながら、
着実にあなたの口臭を取り除いていきたいと思います。

一緒にきれいな息を手にしましょう。


2、口臭の全体図


口臭と一言で言っても、実に様々な
問題、ケースを抱えているんです。

今回は出来るだけ分かりやすく
口臭を全体から捉えていこうと思います。


当たり前のことではありますが、体の中で起こっているどんな
症状にもそれが発生している原因というものがあります。

その原因さえ取り除いてしまえば嫌でもその症状は消えてしまうものです。
ここではその症状はもちろん口臭になりますよね。

その原因を突き止めて取り除くことが出来れば、
どんな口臭でもかならず解消することが出来るわけです。

言うだけなら簡単なことなんですが、
それでは、その原因って一体何なの??


はい。それはレポートにも書きましたが
一応簡単におさらいしましょう。


虫歯や歯周病、プラーク(歯垢)、鼻の病気、
ドライマウス、舌苔、内臓の機能低下。

この6つを原因に挙げました。

そして、口内の清掃方法、舌苔について主に説明をし、
その予防法を様々紹介致しましたね。

(レポート読んでいないという方はまずは
そちらから読んで下さいね。
無料で手に入る口臭エチケット関連の
レポートとしてかなり有益なものですので。)

実行されておりますか?


この6つに分かれている口臭の原因をすべて取り除くことが
出来れば、めでたく口臭を無くすことが出来るわけです。


ただし、上記の項目はそれぞれが依存しあっているものが多く、
1つ1つを単体で取り除いていくことが困難なのです。

それはどういうことか??


つまり、ドライマウスが虫歯や舌苔を発生させやすくし、
内臓の機能低下が舌苔に影響を与え、

虫歯や歯周病により咀嚼が上手くいかず内臓に影響があったり等
様々な条件が入り混じってしまうのです。

ですので、単に口臭を無くすといっても、
様々な方面からのアプローチが必要になってくる
というわけです。


それも、人それぞれ患っている場所は違うのですから、
その人に合ったアプローチ方法が必要です。


簡単にそのアプローチ方法を項目ごとに分けてみました。


3、口内へのアプローチ


単純に口の中の状態を正常にすることが
口臭を抑制することの一番初めの大切なステップです。


ですので、この口内へのアプローチは一番重要です。


口臭専門医院でもこの口内アプローチ法を徹底しており、
口臭を解消させようとしているようです。


私はマスキング効果は認めません。

マスキングというのは、混ざるという意味で、
例えば、歯磨き粉や口臭用のエチケットスプレー等で
匂いを上乗せし、口臭自体を目立たなくさせることです。

これをマスキング効果と言います。

確かに、一時的にはさわやかな香りになり誤魔化しがききますが、
本当に一時的なものです。


そのマスキング効果が切れると、唾液の分泌は抑制されているため
余計に口臭が強くなります。全くお勧め出来ません。


口の中を正常に保つ方法は、レポートでも紹介したように
唾液を積極活用して、常に歯垢を洗い流すことです。

そして、舌苔が余分に付着しないようにします。

もちろん、虫歯や歯周病等の病気を自覚している場合は
早急に治療をする必要があります。

いずれにしても、この口内からのアプローチが口臭を解消する上で
一番早く効果があらわれるし、最重要項目になります。


4、体内(内臓)からのアプローチ


体内からのアプローチは、口内は完全に正常化しているのに、
口臭がするという場合に主に必要になってきます。


恐らく口臭で悩んでいる人は口内ケアはしっかりされているので、
こちらのアプローチが重要になってくると思います。


歯科医や口臭治療専門医は、あまりこちらの方面からの治療には
積極的では無いようです。


これにもやむ負えない事情があるようです。

口臭は現時点では治療対象として認められていません。

それでも、口臭専門医院も医院である以上、名目として
なにかしらの科に属する必要があるのです。


口臭科というのは認められないので、名目上は歯科だったり
喉頭科だったりするようです。


そうなると、問題が発生します。


医者は自分の領域以外の治療は施せないので、実質、口内から
のアプローチしか出来ない、ということになってしまうのです。


この辺りは、口臭が病気と認識されない日本の医学に問題が
あるのではないかと考えています。


さて、話を体内からのアプローチに戻します。


このアプローチにもいくつか項目があります。

まずは、鼻の病気、
そして呼吸器の病気(呼吸器系の病気は可能性が低いです)
消化器系、(胃や腸です)
代謝性のもの、(腎臓や肝臓です)この4項目です。


この中で口臭の原因になる可能性が高いものは、
消化器系が弱っていること、です。


腸も消化器系に含めます。


口臭に悩んでいるが、どうしても良くならないという人は
この全身からのアプローチでつまづいている可能性が高いのです。


なぜなら、それが口臭と関係があることに気付かないからです。

口臭が気になりだすと、まずは歯磨きを
徹底的にするようになりますよね。


それも歯磨き粉をたっぷりつけて。

そして仕上げにデンタルリンス。
トドメに舌をゴシゴシ磨く。


これは実際に私が昔、実行していた過ちです。


口臭がするからとにかく口内を何とかしようと思うわけですね。

ところが、口内ではなく内臓に問題が発生している
可能性があったわけです。


それに気付かずに、口内を一生懸命ケアしても
口臭が良くなることはありません。


また、口臭の本やインターネットでも、内臓が原因で口臭が
発生する可能性は認めつつも、その対処法は述べていません。


これは専門医でさえも、この傾向があります。

医者は口内は口頭科、内科は内科等と細かく分かれています。
全てを1人で診断出来ないという事情もあるのでしょう。


口臭の原因は口内ケアで90%解決出来る、と多くの医者が
言いますが、


口臭に悩んでいる人ほど
それが確実に間違っていることを実感していると思います。


なので、原因不明の口臭に長いこと悩まされている場合は、
この全身からのアプローチが不可欠になることを
認識しましょう。

5、精神的なアプローチ


最後は精神的なアプローチです。
これは、口内ケアと体内活性化の両方をケアする方法です。


精神的なアプローチってどんなの??


それでは、例を挙げます。
ドライマウスという症状があるのはご存知でしょうか?


唾液の分泌が減ってしまい、口が渇き、
そして口臭にむすびつく症状です。


このドライマウスの解消法は
唾液を分泌させることです。(レポートに記載しています)


しかし、唾液がどうしても分泌し難いときがあります。

それは、極度の緊張時です。


例えば、口臭を気にしている場合に
ちょっと近くで人と話しをしようものなら、

臭いを感じ取られることを恐れてしまって、
口の中はカラッカラになります。

それがさらに口臭を増長させてしまうのです。


これではせっかく唾液を分泌させるトレーニングをしていても、
あまり意味が無くなってしまいますね。


また、何なしらのストレスに晒されていると、
胃が痛くなったり、お腹が痛くなったりします。


そうなると、必然的に体内に異常をきたしていると
いえるでしょう。


そこで必要になってくるのが、この精神的なアプローチです。

このアプローチは特に女性は必須です。


女性は一旦気になるとずっと口臭を気にしてしまうようです。

そして、人と間近で話しをする時に口臭が相手に気付かれないか
と不安に思うと、かなり緊張してしまうようです。

この緊張が唾液の分泌を抑制し、さらに口臭を助長させてしまいます。

本来は精神的な面は唾液の分泌以外にも重要な意味を
持っているのですが、それは別の機会にお話します。


この精神的なアプローチまで習得すれば、口臭に悩むことは
ほぼ皆無になるでしょう。


それどころか毎日が楽しくなりますよ。


さて、以上の3大アプローチがどんな口臭をも良くするための
基本になります。

忘れないで下さいね。
この3大アプローチを駆使して、口臭を撲滅していきます。


6、終わりに

お疲れ様でした。第1回目の講座は終了です。

結構長いメールになってしまっているので、
読み疲れてしまったかもしれませんね。

次回からは口臭解消のための実践的な
アプローチ方法を紹介していきます。

また、質問や取り上げて欲しいテーマ等の
お便りは大歓迎です。

個別のご相談はご購入者様特典ですので、
出来かねてしまいますが、(申し訳ないです。)
面白い質問やテーマ等はメルマガで
じゃんじゃん取り上げていきますので、
ぜひお気軽にメール下さい。

それでは、また次回、お会いしましょう!!
posted by 高橋徹 at 02:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | メールマガジン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
体臭と口臭になやんでいます。太っているのと関係していますか?
Posted by 近藤かよ at 2014年05月13日 00:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。