口臭:負のスパイラルとは。

負のスパイラルって何なの??

このようなお問い合わせがあったので、ちょっと詳しく
説明してみようと思います。

メルマガや口臭撃退法でも説明しているので、すでにご存知の方も多い
かもしれませんが、今思えばこの負のスパイラルについてブログではあまり
説明していなかったような気がします。

さて、この口臭の負のスパイラルというのは、一言で言ってしまうと強迫観念みたいな
ものです。もちろん口臭に限りませんけど。

以前は私も陥っていました。

どちらかというと、鼻臭で悩んでいる方に多い現象です。

まずは簡単な流れからいきましょう。

とりあえず、何かのきっかけで口臭を指摘されたとします。

すると、多少口臭を気にするようになります。(これは人により気にする度合いは分かれますが。)

口臭を気にするようになると、自分が話している時に相手のしぐさが気になってきます。

その時にのけぞったり、鼻に手を当てたりすると自分の臭いのせいだと思うようになります。

次の段階は、鼻から出る息が臭くないか気になってきます。

鼻から出る息は常にどうしても出てしまうため、密集する電車やエレベーター等、
様々な場所で相手のしぐさが気になるようになってきます。

ちょっとした咳払いや席を立たれる行為、中高生の内緒話等、
周りで起こっていること、全てが自分が臭いからだと思ってきます。

さらにさらには、密集していない場所、つまり外でも相手がこちらを振り返った時等は
自分が臭いからだと思うようになり、常に口臭を気にするようになってしまうのです。

ここまでの状況になってしまうと、とにかく常に口臭が気になって仕方がなく、
何となく気分も常に落ち込んでいて、私の人生って何々だとうとまで考えてしまう
のです。

実際に私に相談をされる方にはこのような状態に陥っていて、
自殺を考えていた方、仕事を辞めてしまった方、学校を辞めてしまった方等、
日常生活を送ることすら難しいような状態になってしまっています。

この口臭を指摘される等して、口臭を意識するようになり、
さらにその意識が大きくなっていくことで、口臭が気になって気になって
仕方が無い状況になることを私は「負のスパイラル」と名づけています。




posted by 高橋徹 at 21:00 | Comment(3) | TrackBack(0) | 口臭の原因 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鼻の病気による口臭

今回はケースとしては少ないのですが、
まさにキツイ口臭の原因になってしまう鼻の病気についてです。
 
鼻の病気というのは、どんなものがあるかご存知ですか?
 
口臭に繋がる鼻の病気は、慢性鼻炎や蓄膿症です。
 
これらが悪臭の原因になってしまう訳は、福鼻腔に膿が
溜まってしまっていることが多いからです。
 
これは痰となって口内に流れてくることもあります。
 
そもそも、福鼻腔に膿が溜まってしまうメカニズムを簡単に説明しますね。
 
まず、風邪やその他の原因により、鼻腔が炎症等により腫れることがあります。
 
鼻詰まり等がおき、鼻の通り道が小さくなってしまう訳です。
 
 
その状況で福鼻腔も炎症で腫れるとその空洞部分に膿が溜まってきて
しまうのです。
 
通常、風邪の場合には、風邪が完治すれば鼻の炎症も治まるはずなのですが、
何度も風邪を引いたりしているうちに、その鼻の炎症が慢性化し、膿が溜まっていって
しまうわけです。
 
 
軽度のものだと耳鼻科等では、鼻炎や蓄膿症とは診断されないこともあります。
 
しかし、炎症により膿が溜まっていると、悪臭を放ち口臭の原因にはなるので、
完治させるに越したことはありません。
 
ところが、ところが、これがかなりやっかいな病気なのです。
 
 
まず、臭い先行型の鼻の病気は医者がきっちりと診てくれません。
 
私も鼻が悪くて、膿が溜まっており、その治療のために耳鼻科に通っていた
ことがありますが、
「ちょっと炎症を起こしているだけでそんなに問題ない」と
言われてしまいました。
 
 
鼻が臭いんです、といくら主張しても、あまり理解をしてもらえません。
 
「これくらいの炎症だったら、すぐに良くなるんじゃないでしょうか、
まあ、抗生物質出しときますから。」
 
こんな感じでした。
 
抗生物質をいくら飲んでも、悪臭が無くなることはありませんでした。
 
正確に言うと、初めは効いたのです。
 
ところが、服用を続けるうちに慣れてきてしまったのか、
だんだんと効かなくなっていったのです。
 
いわゆる抗体というやつですね。
 
この抗体があるせいで、鼻の病気は完治させるのが
とても困難です。
 
鼻の病気により口臭に悩んでいる人は少ないと思うので、
詳しくは触れませんが、この病気はとても治療が難しいという
ことをちょっとだけ覚えておいて下さい。
posted by 高橋徹 at 00:39 | Comment(2) | TrackBack(1) | 口臭の原因 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

歯石は口臭に繋がる。

今回は歯医者さんの領域ですが、歯石についてです。
 
まず、歯石ってあなたは知っていますか?
 
知ってますよね。一度は歯医者さんで取り除いてもらったことが
あることでしょう。

この歯石というのは歯垢が硬くなったものです。
 
歯みがきでみがき残した歯垢が、唾液の中のミネラルと結合して、硬くなって出来ます。
 
磨きのこしたカスがそのまま硬くなっちゃったということです。
 
歯についた歯垢は、たった2日間で歯石になります。
 
歯と歯ぐきの境い目や歯と歯の間にできた、それこそ石のように硬い歯石は、
歯磨きだけでは取り除くことができません。
 
また、爪楊枝等で頑張って取ろうとしても取れないです。
 
この歯石の硬さは実は時間によって違うので、出来始めならば、爪楊枝を上手く
使えば取り除くことは可能でしょう。
 
しかし、時間がある程度経過すると完全に固まってしまい、楊枝でも取れなくなってしまいます。
 
下手をすると、歯茎を傷める可能性があるので、無理して用紙で歯石を取り除こうとするのは
やめましょう。
 
元はだたの歯垢だったのに、硬い石になってしまうのですから、驚きです。
 
こうなると、歯医者さんにいって歯石をとってもらう必要がありますね。
 
放っておくと歯肉炎にもなり、口臭の原因にもなってくるので、定期的に
歯石を取り除くことをお勧めします。
 
以外と気にしていない方が多いようですが、実は歯肉炎は口臭の要因になります。
 
そして、成人の多くは歯肉炎にかかっているというのです。
 
定期的に歯医者に行くだけで、かなり口臭抑制になることと思います。
 
面倒ですが、是非定期的に検診を受けてくださいね。

posted by 高橋徹 at 12:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 口臭の原因 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

口臭の本当の原因。

さて、口臭の原因は様々ありますが、一番の原因は
口内が汚いことです。

それでは、歯磨きをきちんとしても口臭が治らないという
場合には、次に疑うべき場所はどこでしょう。

この答えは内臓です。

その他にも鼻や呼吸器等が原因の可能性もなくはないですが、
まずは内臓を疑うべきです。

内臓といっても、様々な部位があります。

どこからみていけば良いのか?

まずは、やはり腸です。

ここが一番のポイントだと思います。

とある、消臭サプリメントもこの腸をキレイにし、
血液に毒素が流れないようにしましょうと謡っています。

この理論はある意味間違いではないのです。

結局サプリメントは効かなくなってしまう可能性が高いですが、
この目のつけどころは良いと思います。

つまり、腸からキレイにして口臭をとるという発想ですね。

それではサプリメントが効かないのなら、どうするのが良いのか?

一番良いのは食べ合わせを守ることですが、今回はそれは置いておきます。

手っ取り早く腸を活性化させるには、
腸を外から刺激してやることでしょう。


つまり、腸を揉むんです。

ひたすら揉みます。

するとシコリがある部分等が分かってきますので、
お腹を揉み解すように、コリもほぐすのです。

これだけで、腸はかなり活性化されます。


また、手を当てるのも良いですよ。


昔から治療のことを手当てというくらいです。

手を患部に当てることは、治療と同じ意味なんですね。

お腹が痛いと自然と手をお腹に当てますよね。

それを実行すれば良いと思います。

腸を活性化させて、口臭を元から取り除きましょう。
posted by 高橋徹 at 22:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 口臭の原因 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

舌苔が口臭の原因に。

突然ですが、舌苔って知っていますか?

舌に苔のようなものが付着している状態です。

これが舌苔です。

色は様々で、白っぽいものから、黄色っぽいもの、
黒っぽいものまであります。

東洋医学では舌診というものがあって、
舌の苔、形、色等を診て、患者さんの状態を
調べるのです。

さて、この舌苔ですが、口臭の主原因になります。

試しに、舌を出して鏡でみてみましょう。

舌苔は付いているでしょうか?続きを読んでみる
posted by 高橋徹 at 01:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 口臭の原因 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。