学生、思春期の口臭

中学生、高校生からのお問い合わせが最近増えています。

やはり思春期、青春である大事な時期ですので異性に興味を持ったり、
おしゃれをしたりしてみたい時期でしょう。

そんな学生の方からの相談がとっても多いことに気付きました。

その要因の1つとして、まだ大人ではない??中学、高校生はそれ程気を使わずに
口臭等を指摘してしまうからのようです。

それにより口臭を気にするようになり、影でこそこそ話しをしていると、
自分が臭いことを馬鹿にしていると思ってしまうというケースが圧倒的に多いです。

この負のスパイラルについてはメルマガや口臭撃退法でも詳しく説明していますが、
やはり断ち切るのはなかなか難しいようです。

さて、悩める中高生の口臭。

まず、口臭が発生しやすい時期として思春期と更年期があると考えています。

これは今までの多数受けている相談から分かった事実です。
(相談者は中高生と40過ぎくらいの方が圧倒的に多いので。)

それではなぜ、思春期と更年期は口臭が発生しやすいのか。

これはホルモンバランスが関係していると思われます。

思春期と更年期に大きく変動するものといえば、
ホルモンバランスしかありません。

このホルモンバランスが変わることにより、体質自体が変化し、
口臭が発生しやすくなると思われます。

思えば、私も中学生から口臭が発生しました。

そして、その時期に何度も口臭を指摘されると、それが心の傷となり、
負のスパイラルによって、さらに口臭が引き起こされるということです。

口臭がどうしても気になってしまいます。

こんにちは。

高橋です。

今回も、口臭に関する悩みに関して回答します。

今回の件は、すでに同様の悩みが多数送られており、
多くの人が悩んでいることです。

「口臭が気になって、気になって、どうしようもありません。
自臭症では無いと思うのですが、自分ではよく分かりません。

ただ、電車の乗った際に周りの人が、咳払いをしたり、顔をそむけたり
するので、恐らく私の口臭のせいだと思います。

本当にノイローゼ状態です。」


このような悩みは、実はかなり多く、私の元にも数件同様の
ケースの悩みが寄せられました。

このパターンは正直とても辛いんです。


勘違いかもしれないじゃないか、
そんな安易な言葉では片付けられない問題なのです。

自分は口臭があるのかもしれない、そう1度でも思ってしまうと、
だんだんと口臭が気になってきます。

そして、その疑念は晴れることはまずありません。

私は全く口臭はありませんよって断言できる人はあまりいないでしょう。

ほとんど口臭がしないレベルの人でも、
もしかしたら自分は臭いのかもしれないと思っているのが現状です。
(実際に口臭の有無を客観的に自分で判断するのは難しいですから。)


なので、実際に口臭があるかどうかは別にして、
その口臭を気にして、本当にノイローゼぎみになる人は多いのです。

勘違いかもとかそんなことは、この際関係ありません。

とにかく気になるのです。

そしてそれは誰にも言えません。

これ程までに相談しにくい事もそんなに無いんじゃないか
って思います。

実際に私も以前は口臭でノイローゼ状態に陥っていました。

私の場合は、勘違いではなく、多くの人間に口臭を指摘されていたので、
その時点で口臭に対して深い傷を負っていました。


その状態(自分に口臭があるということを自覚している)で、
電車に乗ったりすると、もう気が気じゃありません。


隣の席の人が咳払いをしたら、自分の口臭のせいだと思うし、
鼻すすりをされても、自分のせいだと思ってしまいます。

会話をして、顔を背けられたら100パーセント自分の口臭のせいだ
と思ってしまいます。

相手が気軽に間近で話しをしてくれても、自分の口臭が気になって
会話にすらなりません。


そのせいで、相手が私と距離を置くようになったことも多々ありました。
(この距離を置いた要因に会話が上手く出来なかったからではなく、
自分の口臭がきつかったせいかもとまで思いました。)

挙句の果てには、電車で向かい側に座っている女子高生が
ひそひそ話をして、無邪気に笑っているのが、
私の口臭を馬鹿にしているのだ、

とまで思ってしまっていた始末です。


本当にどうしようもない状態です。

ちなみにこの症状は女性の方がなりやすいです。

私は男性ですが、常に口臭のせいで馬鹿にされていたことにより、
敏感に口臭を気にするようになってしまっていたのです。

今回のテーマは多くの人がかかえる重大な悩みなので、
かなり長くなってしまいました。続きは次回書きます。











どうしたら、このような悩みを解消できるでしょうか?

口臭外来の費用っていくらなの?

こんばんは。高橋徹です。
 
今回の「その悩みにお答えします」は口臭外来についてです。
 
こちらが、質問の内容です。
 
 
「私は口臭にとても悩んでいます。本当に治したいので、口臭治療の病院に掛かってみようと
思うのですが、費用は高いのでしょうか?高橋さんはどう思いますか。」
 
 
なるほど。
 
口臭治療専門の病院は確かにあります。
 
まずは公平にみて、口臭治療専門病院の利点と弱点を挙げてみたいと
思います。
 
 
口臭治療専門医院の利点。
 
利点1:
超高性能な口臭チェック専用の機械がある。
(それでも硫黄系の臭いしか完治できないものもあり、
不快な臭い全てをチェックできるわけでは無いようですが)
 
 
利点2:
何年も口臭の治療のために情熱を注いできている(と私は信じたい)医者の
豊富な経験と適切なアドバイスを受けられる(はず。)
 
(注:利点2は私の期待も含まれています。
私はとある経緯で医者を信用しなくなったため、自分で口臭を解消しました。
 
なので、日本の口臭治療専門医のレベルがどの程度なのかは実際には分かりません。
日本の口臭治療の第一人者である本田先生(本田歯科)のホームページを拝見する
限りでは、口臭に対する知識も深く、ある程度の効果は見込めるだろうと私は考えています。
 
ただし、残念なことに医師ゆえの弱点もあります。が、ここではそれには触れません。

 
 
利点3:
専門医にかかっているんだ、ということで一種のブランド?、安心感が得られる。
 
 
口臭治療専門医の弱点
 
弱点その1:
費用がもの凄く高い。
これは保険がほとんど適用されないためです。
口臭は病気とは見なされないため、自由診療扱いになります。
 
当然、検査に使用する医療機器も医療行為ではないということで、
保険適用外。
 
それゆえ、診察はかなり高価です。
 
病院によりまちまちですが、だいたい初診料が2万〜3万円。
そして、通常の診察が1万〜1万5千円くらいなようです。
 
だいたいの病院が数回のプログラムを組んでいて、
そのプログラムをこなしていくようになっているみたいです。
 
つまり、最低でも5回〜6回の診察と専用の口内ケア用品を
購入(合計で10万円は確実です。)する必要があります。
 
 
弱点その2:
完治するとは限らない。
 
私も以前はとても口臭に悩んでいて、本気で口臭治療専門医に
掛かろうと思っていました。
 
ただし、とても高額なので、色々とリサーチをしたのです。
どこが良いのか、どこが安いのか、評判は良いのか等です。
 
すると、どうも良くない噂もちらほらでした。
 
というのも、治らなかったという人が多数いたのです。
(注:インターネットは匿名性が高いので、本当かどうかは分かりません。)
 
本当か嘘かは分かりかねましたが、行く気が無くなったのは事実です。
 
そして、当然完治するかは分かりませんよね。
 
それなのに、高いお金を払ってまで専門医に掛かるのはどうだろうと
私なら思います。
 
本当に自信があるのなら返金保障をしてくれてもいいと思うのですが・・・
 
 
弱点その3:
日本には専門医院が少ないため、遠方まで通院する必要がある。
 
日本にはまだまだ口臭治療専門医院は少ないです。
 
首都圏にしか無いといっても過言ではないです。
 
たまたま近くに専門医院があれば良いですが、多くの人は
遠くまで通う必要が出てくると思います。
 
また、1度の通院で完全完治なら良いですが、何度も通う必要がある
訳です。
 
交通費からして馬鹿になりません。
 
これも弱点の1つですね。
 
 
口臭治療専門医院に掛かることのまとめ(高橋の意見)
 
 
上記の利点と弱点は、自分の主観をあまりまじえず、客観的な視点で
述べてみたつもりですがいかがでしょうか?
 
私の結論はずばりこうです。
 
お金があるなら行ってみるのも良いでしょう。しかし、私はお勧めしません。
 
 
これが結論です。ちなみに質問者には、その旨、メール致しました。
 
 
本人もそんなに高額だったとは知らなかったようで、このブログを参考にします、
といううれしいお言葉も頂きました。
 
あなたも何か疑問があれば質問下さいね。
 
それでは。
 
口臭外来については数年間のブログやマニュアルの運営で
多くの方から通院の感想やご意見を頂くことが出来ました。

それらを踏まえての評価、レビューがメインサイトにございますので
興味がある方はそちらもご覧下さい。

口臭外来、口臭専門医院について
 
 
 
 
 

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。